利回りの高い物件に飛びついて購入してしまった

公開日:2024年06月10日

更新日:2024年06月11日

失敗例Aさんは業者から都心のワンルームマンションで手取り利回り6%の抽選物件が出たと案内された。
普段案内されている物件の大半は手取り利回り4%半ばであったため、良い物件だと思い、あまり考えずに抽選にエントリーする。

後日業者から興奮気味に電話があり、当選した旨告げられと言われ、契約手続きをした。
当面は高い家賃のままであったが、入居者が退去し募集をする際に家賃が2万円下がってしまった。

よくよく調べてみると、前の入居者は20年前から住んでおり、昔の家賃相場のまま更新していたため家賃が高かった。
失敗の原因該当物件の家賃相場を確認していなかったこと。
ポイントまず利回りの高い物件は何か裏があると思って、なぜ利回りが高いのか確認する必要があります。

今回のケースでは昔の家賃相場のまま入居者が住み続けていたため利回りが高くなっていました。
まともな業者であれば、入居者がいつから住んでいて、昔の家賃相場のまま住んでいるため利回りが高い。退去して募集する場合にはこの位の家賃になると説明するはずです。

業者からのうまい話には注意して、高い利回りに飛びつくのではなく相場家賃はいくらなのか、長期的に所有した場合にしっかり家賃を生むのか、立地が不安なのであれば賃貸管理実績はどの程度あるのかなど確認することが大切です。